通信会社勤務ブロガー
渚 なぎさ
某通信会社で働く販売員。通信環境を快適に!
困りごと解決

4G?5G?Wi-Fi?違いはコレ!

【結論】

通信エリアと速度に差!どこでも通信は4G、決まったエリアならWi-Fiが便利!

 

大きな違いは2点です。

通信エリア

通信速度

スマホや携帯はどこでも使えないと困りますよね。なので通信エリアが広い4Gなどが使われます。

エリア限定で高速通信をするならWi-Fiがおすすめです。

「家に帰ればWi-Fiがとんでる」といった会話をしたことありませんか?

家という限られたエリアで使うには高速通信かつ費用が抑えられるといったメリットがあります。

 

では、それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう!

Wi-Fiとは

パソコンやテレビ、スマホ、タブレット、ゲーム機などのネットワーク接続に対応した機器を、無線(ワイヤレス)でLAN(Local Area Network)に接続する技術です。

なにやら難しいですね。簡単に言うと、

無線でネットにつなげられる技術!

ということです。

 

4G(LTE)、5Gとは

3G、4G、LTE、5Gは通信速度が違います。ちなみにこれらはモバイル通信の規格の名称です。

最近のスマートフォンでは大きな画像の送受信だけでなく、インターネットで動画を見たり、ゲームアプリなどをしたりするには、より速い通信速度が必要ですよね。

時代の変化に対応するための通信規格も進化しているため、様々な規格が存在します。

 

「4G」「5G」の「G」というのは、「Generation(世代)」の略で、現時点では1Gから5Gまであるんです。

特徴はこの通りです。

 

 

1G(第1世代)

速度:アナログ電波

ノイズが入りやすく盗聴されやすいといった問題もあります。

 

2G(第2世代) 

速度:2.4kbps~28.8bps

デジタル方式になり、メールやインターネットも可能に。

 

3G(第3世代) 

速度:384kbps~110Mbps

急激に速度が上がりスマートフォンでも利用されるように。

人口カバー率は100%に近く、電波が届きやすい。

iPhoneも初期は3Gでしたよ。

 

4G(第4世代)

速度:50Mbps~1Gbps

100Mbpsクラスの高速通信を目指して開発。3Gのエリアほどではないものの拡大中。

LTEは3Gと4Gの中間的な通信規格で3.9Gともいわれています。簡単にいえば4Gの一種です。

ちなみに「LTE」(Long Term Evolution)は「長期的進化」といった意味ですよ。

 

5G(第5世代) 

速度:1Gbps~50Gbps

東京オリンピックが開催される2020年に運用予定。

大きな特徴は・高速大容量・多数端末同時接続・低遅延などが挙げられます。

車の自動運転や遠隔医療などの現場で活躍が期待されていますよ。

 

以上、4G、5G、Wi-Fiの違いでした!

Wi-Fiいったいどれがいいの?そんなあなたにおすすめのモバイルWi-Fiはこれだ!!モバイルWi-Fiは近年新しいサービスがどんどん登場してきていて「一体どれが一番いいのか分からない!!」という声をよく耳にします。 ...
あなたにおすすめの光回線は?工事費?料金?速度?なにで選ぶか比較してみたよ!家庭にひく光回線。通信各社がそれぞれのサービスを展開しています。 どの光回線がおすすめなのか、タイプ別でおすすめします! 最近では携...
ABOUT ME
渚 なぎさ
某通信会社で働く販売員。社内で年間成約成績1位も獲得した通信のプロが分かりやすく独断と偏見であなたのお悩みに応えします!